膝サポート走法とは?

こんばんは、初心者ランナーの隆俊です。いやあ、お盆休みなので、日課のジョギングも休みで家でゆっくりしています。なんてね。実は今日も10キロ程度の距離を走りこんできました。いまは、ナイキのランニングアプリ、NIKE+RUN CLUBというスグレモノがあるので重宝しています。NIKE+RUN CLUBはペースや距離、心拍数などを記録してくれる、管理のためのランニングアプリです。評価や評判も良好で、ランナーなら誰もが使っているアプリではないでしょうか。さて、今日は走法の教材について書いてみたいと思いまます。マラソンというと走りこんだり、筋トレで足や体幹の筋肉を鍛えたり、心肺機能を高めることで、自己ベストタイムを更新できると思いますが、それもある程度までは可能だと思います。最近では、走法などの技術面も磨く必要性を感じています。走法とは、走り方やランニングフォームですね。走法では、ストライド走法やピッチ走法などが一般的に有名です。ピッチとは1歩にかかる時間、スライドとは1歩の長さ、つまり歩幅を表しています。いま、僕が注目しているのは、渡辺高博の膝サポート走法というマラソン教材です。これまでに、マラソンの教本は読んだことがあったのですが、本格的なマラソン教材のDVDを検討するのは初めてのことです。あまり種類がないというのも原因かもしれません。マラソンは長距離を走るので、膝を傷めるケースが多々あります。膝の関節や靭帯、ヒザ周辺の筋肉に痛みが生じます。ハムストリングスや膝が痛いとレース続行は不可能になります。膝サポート走法では、膝の痛みを緩和する走り方や練習法などが学べるようです。膝サポート走法の作者である渡邉高博は、早稲田大学の競走部でコーチ経験があるマラソンの指導者です。早稲田大学といえば、大学駅伝でも強豪校ですね。多くのランナーを輩出している大学です。また、渡邉高博は現役時代には、バルセロナオリンピックに出場経験のあるランナーだったようです。渡邉高博は走者としても実力がある方なのですね。現在はコーチとして活動しているようです。個人的には、膝サポート走法の内容のなかから、ハムストリングスの痛みを緩和する走り方、ハムストリングスの鍛え方、膝が痛む原因を知りたいですね。フルマラソンを完走するためには、膝サポート走法のようなメソッドを習得しておくのも必要かと思いました。みなさんも検討してみてくださいね。

参考サイト 渡邉高博の走法教材はこちら